練習予定

「COVID-19に対する大阪府医師会フィルハーモニー ガイドライン」

9/26/2020 版

 
総論:練習でガイドラインを遵守した場合は、日常生活におけるよりも感染のリスクが低いと考えられますので、必ず下記項目を確認し、これらに従ったうえで練習に参加して下さい。
 
練習参加前の注意
・高齢者や持病のある方は、ご自身、ご家族の判断で参加をお決めください。
・咳の出ている方、体調不良の方はご参加を控えてください。
・参加される前に、ご自身で体温をチェックして37、5℃以上の方は参加をお止めください。
・練習場へはマスク着用でお越しください。
・できましたら手指の消毒液(種類は問いません)をご持参ください。
・譜面台は一人1台で使用します。可能でしたらご持参ください。
 
練習場での注意等
練習場入室までに行うこと
・入退室時に手指の消毒を行います(JEC心斎橋1階・エレベーターホール)。
・4階に上がって頂き、エレベータホールから廊下を進んだ正面天井にある自動検温機で
「自動検温」ができます。37.5℃以上だとアラームがつきます。その場合は、お帰りください。
・練習場入口に用意されている練習参加名簿(座席)に、自分の筆記用具でサインを行います。
・練習参加名簿係の方々は、回収および報告をお願いいたします。
 
練習場内で行うこと
・練習場内ではマスク着用ですが、できるだけ喋らないようにしてください。
・咳エチケットを守ってください。
・隣の人との間隔(前後左右)を 最低1mあけてください。
・指揮者は練習中にマイクを使用し、指揮者とオーケストラ団員との距離は最低 2m とります。
・シールドの設営に、ご協力ください。
・30分間おきに換気をいたします。ドア開放中は楽器の音を出さないでください。
・団の譜面台を使用されるときは、終了後に、消毒液で消毒してからお返しください。
(新型コロナウィルスは、金属表面では72時間程度存在します。紙面の上では長く存在できません。)
・飲食は可能ですが、マスクを外すことになりますので周囲へのご配慮をお願いいたします。
 
【弦楽器パート】
・間隔を十分取っていますが、演奏中もマスクを着用してください。
 
【管・打楽器パート】
・改めて、場内で非接触検温を行いますので、ご協力ください。
・管楽器の演奏時にはマスクは不要ですが、出来るだけ喋らないようにしてください。また、発言時、休憩時等にはマスクを着用してください。
・打楽器はマスクを着用してください。また,楽器を共用する必要がある時には使用前に
手指消毒を行ってください。
・シールドを使用するパートは、楽器がぶつからない距離の適切な位置に設置してください。
・管楽器の水抜きは、ビニール袋と吸水シートを入れた容器内で行い、飛沫を外に飛ばさないようにしてください。また、勢いよく息を吹き込んで水抜きをすることはお控えください。
・吸水シートはビニール袋ごと各自でお持ち帰りください。
・金管楽器は、唇またはマウスピースだけを使用したバズィングを行わないでください。
・木管楽器はタンポに溜まった水を息で吹飛ばすことはお控えください。
・使用したスワブやクリーニングペーパーなどは、各自が用意するビニール袋に入れてお持ち帰りください。
 
 

予定表の見方

以下のフォーマットで記載しています。

開始時刻 [曲目]指揮者(注意事項)@場所

  • 練習場所は、JEC日本研修センター 心斎橋 2階 コンベンションルームです。アクセスはJEC日本研修センター 心斎橋 ホームページにてご確認ください。
  • 15時以降に開始の場合,終了時刻は原則として21時です。日祝日に15時よりも前に開始する場合,終了時刻は原則として4時間後です。
  • 分奏など全体合奏以外の練習は[曲目]の前に記載しています。
  • 予定が全て表示されていない場合は、表内最下部のリンク「これより後の予定を表示」をクリックしたり、表内右端スクロールバーをスライドさせて表示させてください。

があるところは特記事項がありますので、クリックしてご確認ください。

予定表(Googleカレンダー)